水道水漏れなどを直す専門業者は暮らしのレスキュー戦隊

作業員

原状回復による修繕

現状復帰に向けた注意点

換気扇

賃貸マンションや賃貸アパートにおいて、退室しなければならない時に、必ず行わなければならないのが原状復帰、あるいは原状回復と呼ばれる行為です。入居者によって損失を受けた賃貸、とくに内装に対して元の状態に戻すことが原状復帰であり、費用も必要に応じて払わなければなりません。しかし、この費用とは、契約時に支払った敷金から引かれるものとなります。 ここで注意しなければならないことがいくつか存在します。敷金は基本的に返済される金額である為、入居開始から原状復帰に向けた賃貸の使用を徹底しなければなりません。要するに、賃貸を大切に取扱い、修繕しなくてもよい状態で退去すれば必ず多額の敷金が戻ってきます。 逆に、大きな費用が返ってくることを想定して次の引越し費用計画などを立ててはなりません。実際に修繕判断を行うのはその賃貸のオーナーであり、契約上それを否定する事は出来ないからです。

立会までに知っておきたい事

原状復帰において、修繕判断を行うのはオーナーだと先ほど述べました。これを言い変えれば、判断における個人差が生じてしまう事となります。実際には、法律上において決まり事が存在するのですが、その内容の解釈の違いが発生する可能性はあります。言われるがままに修繕を行っていては、自身が損をするものとなってしまします。 ここに一例をあげてみると、日常生活や環境において劣化した内装のクロスの汚れは修繕しなくても良いとされます。この原因は様々でありますが、紫外線によって変色したクロスは原状復帰外です。しかし、喫煙によって生じた変色は、張り替えなければなりません。しかし、程度によっては交換しなくても良いと判断する事もあります。どので紫外線によるものか喫煙によるものかきわどい判断ケースがありますし、喫煙によるどの程度の変色で交換有無が判断されるのか困難なケースもあります。 これはほんの一例にしかなく、他にも判断困難なケースは数多くあります。やはり原状復帰において、修繕対象となるもの、ならないものを自身で把握し立会いの場によってお互いの意見交換や了承を取らなけれななりません。